今まで通りに生活するのであれば、負担なく快適な歯科治療を

このエントリーをはてなブックマークに追加
dentist

進化している技術

インプラント技術の進化

インプラントとは虫歯や事故、先天的に失った歯根の代用として顎の骨に打ち込むチタンあるいはチタン合金で作られた人口歯根のことです。 治療は打ち込むだけでは歯根としての機能は復活しません。その後周りの歯茎や骨と組織が接着する期間が必要になります。 通常は骨としっかり結合して定着するまでに2ヶ月〜6ヶ月、骨が足りず打ち込むことが出来ない場合は事前に骨を増やす手術が必要であり長ければ1年以上かかる場合がありました。 また、骨の再生能力が低いなどの理由で周りの組織とうまく接着せず失敗するリスクもありました。 そこで出てきたのがストローマン社のSLActiveという次世代インプラントです。 従来のSLAとい製品でも治癒能力が高く最短で6週間の結合が可能だったのですが、これはさらに骨再生を16倍に促進し治癒能力を短縮し、3週間〜4週間での接着が可能になりました。

最新技術と治療を受ける方法

SLAとはサンドブラスト・ラージグリット・酸エッチング加工の略でサンドブラスト加工でチタンの表面に微細な起状をつくり、酸エッチングで微細な穴を生みだしました。それが細胞活性を高め短期間でよりインプラント骨との接着が成功させる事に成功しました。そして最新の技術がSLActiveになります。 SLActiveは日本では2014年に認証され同年3月に販売開始され。これにより高い技術でのインプラント治療が受けられるようになりました。 ではどうすればこの治療が受けれるのかというと、歯医者に通う前に事前に下調べをすることが重要になります。ストローマン社の製品は高価なため20万円〜30万円では治療を受けることができません。あまり安価を謳っている歯医者は取り扱っておらずインプラント経験も不足してる可能性があります。 HP等でストローマン社のみを扱っていたり薦めている歯医者もありますし、情報が無いのであれば電話で確認してみるのが一番でしょう。